脱毛に 永久はない!?

永久脱毛というと、一度 毛根からしっかりと処理(脱毛)することで 
””二度と生えてこない毛”” 
””処理した箇所は無毛状態が一生続く””
なんて 思っている方はいませんか?

 

 

でもそれは 間違った認識のよう。
知ってました??

 

 

永久脱毛の「永久」の定義は
””サロンやクリニックでの 脱毛(施術)が終了した一ヶ月後の時点で 毛の再生率が
20%以下であればよい””
というものです。

 

 

20%以下??
つまり、簡単に言い換えると
脱毛後 一ヶ月経過した時点で 多少 毛が生えてきても 永久脱毛は成功!! 成功した!!
ということになります。

 

 

毛がまだ生えてきているのに成功!!??
なんだかちょっと ビックリではありませんか??

 

 

最初に思っていた
””二度と生えてこない毛”” 
””処理した箇所は無毛状態が一生続く””
という理想の永久脱毛に 脱毛サロンやクリニックに通っても出来ないってこと??

 

 

現在 日本で受けられる脱毛施術の中で 一番効果の高い脱毛とされているのが
「ニードル脱毛(針脱毛)」。

 

 

ニードル脱毛とは、
毛穴に直接針を指し、毛穴に電流を流すことで 電気で毛根を焼き切る脱毛方法。
毛穴1つ1つに針を刺し電流を流していかなくてはいけないので、
気が遠くなるほどの時間と、耐え難い強い痛みを伴う脱毛よう。

 

 

この ニードル脱毛であれば、理想の永久脱毛にだいぶ近づくようですが、
ニードル脱毛であっても100%永久に!! 
とは出来ないよう。

 

 

全国に数多くあるサロンでの脱毛=光脱毛の場合 は、
まだ光脱毛の歴史が短く、理想の””永久脱毛””ができる
と 検証出来るだけの資料が揃っていないことから 
今は「永久減耗」という言葉がよく使われるよう。

 

 

「永久減耗」とは、文字通り
脱毛完了後 毛周期を過ぎても再び発毛してくる毛が、あきらかに減少している状態のこと。
減少する毛の本数や割合、減耗期間などは定義もないことから

 

 

もっと噛み崩して言ってしまうと
「いつか再生してくるかもしれないけど、一時的に毛の本数は減ったよ」
という状態が 永久減耗。

 

 

サロンやクリニックで施術してもらえば、完璧な無毛状態=永久脱毛
を手に出来ると思っていた方は、がっかりしてしまったかと思いますが、

 

永久=ゼロ でなくても、サロンやクリニックでの脱毛は、
確実に減耗でき、自己処理の手間を省き、肌にも優しくキレイに脱毛できるもの。
永久ではなくても 効果は期待できますよ。

横浜で脱毛する前にチェック

 

部位に合ったムダ毛のお手入れ法とその効果

体のムダ毛処理。

 

 

ひとことで ””毛”” と言ってしまうと 全て一緒のように感じますが
ムダ毛は 生えている箇所にもよって 毛質や毛量、1本1本の生え方や生える向きが異なるもの。

 

処理する毛の一本一本の性質が違うのなら、
当然その処理方法も 部位によって変えて行うことがベストなはず。

 

 

皆さんはどうですか?
ムダ毛の処理を 部位や毛質によって変えていますか?

 

 

この質問に 「はい!」と答える人は・・・
ムダ毛処理に力を入れ、真剣に行っている人だということがよくわかります。
ですが、そんな人・・・実際は少ないですよね。

 

 

多くの人は、ムダ毛のないツルツル肌になるためにと頑張っているものの・・・その場しのぎ
毛の性質までは考えもせず、ただ処理することで満足
そして、また気になりだしたら処理をする・・・

 

 

そんな脱毛方法も決して間違っているものではありません。
ですが、ムダ毛はその性質にあった脱毛方法をすることで、
無毛期間が長くなり、より快適に過ごせるようにもなり お手入れも楽に。

 

 

ここでは、体の部位の中でも 特に多くの人がお手入れしている 「ワキ」「腕・足」「Vライン」 
に合ったムダ毛の処理方法と その効果について見て行きたいと思います。

 

 

 

まず、ムダ毛の中でも一番気になる人が多い箇所の『ワキ』
 ワキの脱毛に合った自己処理脱毛方法は・・・・

 

 

ワキの毛は、個人差は勿論ありますが、
ムダ毛の中でも 濃く太く、一本一本がしっかりとした毛の人が多く、
1日に約0.3ミリという速さで成長。

 

 

生え変わるサイクル(一度抜いた毛が次に生えてくるまでの期間)は、
意外にも遅く 約4ヶ月。
一度しっかりと処理をすれば しばらくは生えてこないよう。

 

 

そんな「ワキ」の脱毛には・・・・・『毛抜き脱毛!!』
カミソリやシェイバー、除毛剤と言った 表面の毛を一時的に処理する方法では、
皮膚下に毛根がしっかりと残ってしまうため、処理後も直ぐに毛は成長。
ムダ毛のない状態を維持しようと思った場合、毎日 自己処理が必要となってきます。

 

 

その点 毛抜き脱毛なら、一本一本摘んで抜くことで 1回の処理に時間はかかるものの、
毛根からしっかり引きぬくことで、長期間 無毛状態を維持することが可能。
処理時は少々面倒なものの ワキには毛抜き脱毛が一番適しているようですね。

 

 

 

次に、一年中 人目に晒す機会の多い『腕・足』
 腕・足の脱毛に合った自己処理脱毛方法は・・・・

 

 

男性に比べ女性の腕や足の毛は、毛質が細く柔らかい毛の人が多いもの。
一本一本は、細いこともあり目立たないものすが、
腕や足の脱毛面積は大きく、毛も密集して生えることから 黒々目立つ存在に。

 

 

毛の伸びるスピードは 1日に約0.2〜0.4ミリ
と こちらも速いスピードで伸びていくよう。

 

 

また、成長期 (一度 腕や足の毛が皮膚の表面に顔をだし 自然に抜け落ちるまで)は 
約4ヶ月〜半年近く と長く 
成長期が長いことから 常にあるものとしてムダ毛の存在感を出しているのが腕や足の毛。

 

 

そんな「腕・足」に適した脱毛方法は・・・・『電気シェーバー』
電気シェーバーでの脱毛は、脱毛面積の大きい腕や足でも短時間に処理でき
比較的 肌にも優しい脱毛方法。

 

 

成長期の期間が長く 伸びるスピードも速いことから 
無毛状態を保つためには、ほぼ毎日 継続した処理が必要な 腕・足の脱毛にも安心です。

 

 

一方 カミソリ脱毛や除毛剤を使った脱毛方法も、電気シェーバー同様
広範囲を短時間で処理出来るものの、
処理時に肌の角質も一緒に取り除いてしまうことで肌は乾燥状態に。
ムダ毛が無くなっても、ガサガサ肌では意味がありませんね。

 

 

 

 

 

Vラインを始めとするデリケートゾーンの脱毛をする人は 年々増えてきているようですね。
デリケートゾーンの中でもVラインは、自分の目で確認しながら処理できる箇所とあって 
自己処理をしている人も多いよう。

 

 

毛質は、ワキ毛同様 一本一本が太く濃い毛が多いもの。
1日に伸びるスピードは 約0.2ミリ。
他の部位と伸びるスピードは変わりませんが、

 

 

成長期(自然に抜け落ちるまで)は 約1〜2年 と長く
生え変わるサイクル(抜けてから次に生えてくるまで)も 約1年以上 
と、他の部位が 約3〜5ヶ月なのに対し 長く Vラインの毛は特殊なよう。

 

 

そんな「Vライン」にあった自己処理脱毛方法は・・・『毛抜き脱毛』
Vラインの毛は、ワキ毛同様 生え変わるサイクルが長いので
毛根からしっかり脱毛することで 無毛状態を比較的長く保つことが可能。

 

 

ただ、ワキよりも脱毛面積が広いため
処理にかかる時間が長く また、デリケートゾーンは痛みに弱い為 
毛抜き脱毛が 不向きな方も。

 

 

「ワキ」「腕・足」「Vライン」に適した 脱毛方法を出してみましたが、
今まで自分が行ってきた自己処理方法と比べて どうでしたか?

 

 

ここで上げた脱毛方法は、あくまでも 自分でお手入れする場合のベストな方法。
毛抜きやカミソリといった脱毛器具を使っての脱毛は、
一定の無毛期間が得られるだけで 1日〜数カ月後には また元の状態に戻ってしまうもの
また、肌への負担・刺激は加味されていませんので そのことは、お忘れなく。